佐用中央病院 本文へジャンプ
検査部   (私たち検査部は女性3名の技師で頑張っています)
   私たち検査技師の仕事は、患者様から採取された検体(血液・尿・便・関節液等)を、
生化学自動分析装置・血液ガス分析装置・化学発光免疫測定装置・顕微鏡などを使用
し、肝臓病、腎臓病、心臓病などの心血管障害、糖尿病などの生活習慣病などの病気
のサインをいち早く発見し臨床側に提供しています。
   ほとんどの検査は当日中に検査結果がでますので、迅速な対応が可能となります。
また生理学的検査として心電図、呼吸機能検査・筋電図検査も行っています。

   当院ではオンラインで、各診察室・病棟から検査の進捗状況、結果を見ることが出来る
システムを採用しております。
 そのため検査結果をいち早く把握し、結果を患者様にお伝えすることが出来ます。

  
       生化学自動分析装置→

  肝機能(AST・ALT・γ-GTP)や腎機能(BUN・CRE)
など各臓器の機能評価や、血糖値・脂質(中性脂肪・
善玉コレステロール・悪玉コレステロール)など、この
機械で測定しています。
 測定開始から結果が出るまでの時間は、わずか
15分程度です。



←化学発光免疫測定装置

B型肝炎・C型肝炎の肝炎ウイルスの感染や
肝癌・膵癌・胃癌等のスクリーニング検査
その他、前立腺疾患や甲状腺疾患を調べる機械です。